[新製品・サービス]

みんなの銀行が公式アプリの機能を先行紹介、他の金融機関口座を含む入出金履歴を一元管理

2021年4月27日(火)IT Leaders編集部

みんなの銀行は2021年4月26日、みんなの銀行の公式スマートフォンアプリにおいて、ほかの金融機関口座、クレジットカード、電子マネーの資産/入出金履歴を一元管理する「レコード」機能を同年5月下旬のサービス開始に先立って発表した。マネーフォワードと協働して提供する。

 みんなの銀行は、ふくおかフィナンシャルグループ子会社のインターネット専業銀行である。2021年5月下旬にサービスを開始する。

 サービス提供に先立って今回、同行の公式スマートフォンアプリにおいて、ほかの金融機関口座、クレジットカード、電子マネーの資産/入出金履歴を一元管理する「レコード」機能を発表した(図1)。預金管理の煩わしさを解消するとともに、自分の資産状況がタイムリーに分からない不安を払拭する。

図1:他の金融機関口座やクレジットカードなどの入出金履歴を一元管理できるようにした(出典:みんなの銀行)図1:他の金融機関口座やクレジットカードなどの入出金履歴を一元管理する「レコード」機能(出典:みんなの銀行)

 レコード機能は、マネーフォワードとの協働によって提供する。APIまたはスクリーンスクレイピングを用いて、銀行やクレジットカードなど1300以上の金融機関・金融関連サービスと連携する。

 同機能では、他行の預金残高や入出金明細、クレジットカードの明細、引落予定額、交通系ICカードの利用履歴などの情報を把握できる。また、メモ代わりにハッシュタグ「#」を付けて「仕事」「家族」「ランチ」など、取引明細を分類できる。

 みんなの銀行によると、将来的には、自分の資産状況が分かるだけでなく、その場で不足分の借入や余剰資金の貯蓄などが行える体験の提供も目指す。

関連キーワード

みんなの銀行 / ふくおかフィナンシャルグループ / ネット銀行 / 金融 / 銀行

関連記事

Special

-PR-

みんなの銀行が公式アプリの機能を先行紹介、他の金融機関口座を含む入出金履歴を一元管理みんなの銀行は2021年4月26日、みんなの銀行の公式スマートフォンアプリにおいて、ほかの金融機関口座、クレジットカード、電子マネーの資産/入出金履歴を一元管理する「レコード」機能を同年5月下旬のサービス開始に先立って発表した。マネーフォワードと協働して提供する。

PAGE TOP