[新製品・サービス]

Dell EMC、HCI「VxRail」にコンピューティング専用ノードを用意、外付ストレージも接続可能

2021年6月3日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

デル・テクノロジーズは2021年6月3日、仮想環境のサーバー/ストレージ資源をサーバー機の台数を増やすことによって拡張できるHCIアプライアンス「Dell EMC VxRail」を刷新した。ベースとなるPCサーバーを新機種に刷新して性能を高めたほか、コンピューティング専用ノード「VxRailダイナミックノード」を新たに用意した。

 HCI(ハイパーコンバージドインフラ)は、サーバー仮想化ソフト(ハイバーバイザ)と分散ストレージソフト(個々のサーバー機が内蔵するストレージを束ねて仮想的なストレージを構成できるソフト)を組み合わせたアプライアンスサーバー機である。このアプライアンスサーバー機をスケールアウト型で増設することによって、性能や容量を増やせる。

写真1:Dell EMC VxRailの外観写真1:Dell EMC VxRailの外観

 デル・テクノロジーズは、HCIの1つとして、米VMwareのミドルウェアを搭載した「Dell EMC VxRail」を提供している(関連記事Dell EMC、サーバー仮想化基盤VxRailの全機能をvCenterで管理可能に写真1)。サーバー仮想化ソフトウェアとしてVMware vSphereを、分散ストレージ機能はvSphereのカーネルに組み込まれているVMware vSANを使う。

 今回、Dell EMC VxRailを刷新した。ベースとなるPCサーバー「PowerEdge」を新機種に刷新して性能を高めたほか、コンピューティング専用ノード「VxRailダイナミックノード」を新たに用意した。VxRailダイナミックノードによって、コンピューティングとストレージを、それぞれ自由に拡張できるようになった。

 VxRailダイナミックノードは、VxRailダイナミックノードだけでクラスタを組む必要があるが、VMware HCI Mesh機能を利用することで、通常のVxRailノードで構成した既存のクラスタのvSAN領域をストレージとして利用できる。これにより、システム全体では、ストレージ容量を増やすことなくコンピューティング能力だけを高められる。

 VxRailダイナミックノードはまた、外付ストレージ(PowerStore、PowerMax、Unity XT)を接続する使い方もできる。外付ストレージ部分を拡張することによって、システムのコンピューティング性能を増やすことなく、ストレージ性能・容量だけを高められる。

関連キーワード

デル・テクノロジーズ / VxRail / HCI

関連記事

Special

-PR-

Dell EMC、HCI「VxRail」にコンピューティング専用ノードを用意、外付ストレージも接続可能デル・テクノロジーズは2021年6月3日、仮想環境のサーバー/ストレージ資源をサーバー機の台数を増やすことによって拡張できるHCIアプライアンス「Dell EMC VxRail」を刷新した。ベースとなるPCサーバーを新機種に刷新して性能を高めたほか、コンピューティング専用ノード「VxRailダイナミックノード」を新たに用意した。

PAGE TOP