タレントマネジメント タレントマネジメント記事一覧へ

[事例ニュース]

KDDIがジョブ型人事制度に向けてタレントマネジメントを刷新、SuccessFactorsを導入

2021年6月10日(木)IT Leaders編集部

KDDIは、ジョブ型人事制度推進の一環でタレントマネジメントシステムを「SAP SuccessFactors」を導入し、2021年4月から利用している。利用対象者は全社員にあたる約1万7000人。システム構築を手がけた日本IBMが同年6月9日に発表した。

 KDDIは現在、ジョブ型人事制度の導入など、新たな働き方の変革を推進している。そうした中で、クラウド型タレントマネジメントシステムの「SAP SuccessFactors」を導入。ジョブ型人事制度へのシフトを促進していく。

 新しいタレントマネジメントシステムの構築にあたって同社は、人材データベース、上司・部下の双方向のコミュニケーションを促す仕組み、KDDIの評価制度への対応、公募・副業による人材交流の活性化など、社員一人ひとりが能力を発揮するための人材管理・育成の仕組みを整えたとしている。

 日本IBMが、標準テンプレートを活用してシステム要件をまとめ、プロトタイプの作成や確認を行いながらシステム構築を進めた。同社によると、SuccessFactorsの標準機能を最大限に生かすことをプロジェクトの基本方針とし、追加の開発を避けたという。これにより、限られた期間で複数モジュールの一括導入が可能になったとしている。

関連キーワード

KDDI / IBM / SuccessFactors / SAP / HCM / ジョブ型人事

関連記事

Special

-PR-

KDDIがジョブ型人事制度に向けてタレントマネジメントを刷新、SuccessFactorsを導入KDDIは、ジョブ型人事制度推進の一環でタレントマネジメントシステムを「SAP SuccessFactors」を導入し、2021年4月から利用している。利用対象者は全社員にあたる約1万7000人。システム構築を手がけた日本IBMが同年6月9日に発表した。

PAGE TOP