アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

ウイングアーク1st、企業間取引を電子化する製品群「invoiceAgent」、文書電子化や電子契約など

2021年6月16日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ウイングアーク1stは2021年6月16日、企業間取引を電子化する製品群「invoiceAgent」を発表した。契約書、発注書、納品書、請求書、支払通知書という一連の文書を電子化してデータとして流通させる。第1弾として、これらの文書を電子化する「invoiceAgent TrasPrint」を同年6月21日から提供する。夏には電子契約サービス「invoiceAgent WingSign」を、秋には伝票の回収・保管サービス「invoiceAgent DocketX」を提供する。販売目標は、今後数年間で3万社。

 invoiceAgentは、企業間取引を電子化する製品群である(図1)。契約書、発注書、納品書、請求書、支払通知書という一連の文書を電子化してデータとして流通させる。ウイングアーク1stでは、帳票基盤「SVF」および文書管理「SPA」に続く、帳票・文書管理事業の第3の柱としてinvoiceAgentブランドを位置付ける。

図1:「invoiceAgent」の概要(出典:ウイングアーク1st)図1:「invoiceAgent」の概要(出典:ウイングアーク1st)
拡大画像表示

 第1弾製品のinvoiceAgent TrasPrintは、2020年1月から提供している既存サービス「SVF TransPrint」のリブランドに当たる(関連記事PDF帳票をWeb配信・郵送できるサービス「SVF TransPrint」を強化、CSVで配信先を一括更新)。PDFファイルとして出力した帳票を、取引先企業に対してWebでダウンロード配信したり、郵送したりできるサービスである。

 今回のリブランドにあたって機能も拡張している。従来は、クラウド型の文書管理ソフトウェアであるSPA Cloud上で配信設定を実施する必要があった。今回新たに、invoiceAgent TrasPrintの専用画面「配信サイト」を用意した。これを通じて、帳票のアップロードやダウンロードができるようになった。また、CSVから帳票を作成して配信する「帳票生成機能」を新機能として追加した。

 第2弾製品のinvoiceAgent WingSignは、電子契約サービスである。契約書の作成、確認、電子署名、保管までを電子化し、ペーパーレス/ハンコレスを実現する。第3弾製品のinvoiceAgent DocketXは、納品伝票をデータ化し、伝票の回収・保管に関わる工数・コストを削減するサービスである。電子受領確認によって物流・配送情報をリアルタイムに把握できるとしている。

関連キーワード

ウイングアーク1st / 文書管理 / 電子契約

関連記事

Special

-PR-

ウイングアーク1st、企業間取引を電子化する製品群「invoiceAgent」、文書電子化や電子契約などウイングアーク1stは2021年6月16日、企業間取引を電子化する製品群「invoiceAgent」を発表した。契約書、発注書、納品書、請求書、支払通知書という一連の文書を電子化してデータとして流通させる。第1弾として、これらの文書を電子化する「invoiceAgent TrasPrint」を同年6月21日から提供する。夏には電子契約サービス「invoiceAgent WingSign」を、秋には伝票の回収・保管サービス「invoiceAgent DocketX」を提供する。販売目標は、今後数年間で3万社。

PAGE TOP