[事例ニュース]

リコーの沼津事業所、工場全体の生産状況を俯瞰して可視化、リモート工場管理を可能に

2021年6月22日(火)IT Leaders編集部

リコーの沼津事業所(静岡県沼津市)は2021年6月、リコーの沼津事業所は、重合トナー(プリンターなどで使用する高機能トナー)を生産するケミカル工場において、工場の生産状況を可視化するシステムを稼働させた。システムを共同開発した富士通が同年6月21日に発表した。

 リコーの沼津事業所は、重合トナー(プリンターなどで使用する高機能トナー)を生産するケミカル工場において、工場の生産状況を可視化するシステムを稼働させた(図1)。生産設備から収集した稼働情報や稼働ログなどのデータを、管理したい指標にリアルタイムで加工・蓄積し、可視化する。工場の安全性や品質状況を、迅速かつ直感的に把握できるようにした。

図1:工場全体生産状況可視化システムを活用したリモート工場管理業務イメージ図(出典:富士通)図1:工場全体生産状況可視化システムを活用したリモート工場管理業務イメージ図(出典:富士通)
拡大画像表示

 スマートフォンと連携する。時間や場所を問わずに、工場の稼働状況や品質変化を閲覧できる。現場管理者が生産現場に行けない状況でも、遠隔から現場作業者に作業の指示ができる。設備異常や品質不良を防止するための対応を迅速に行えるようになる。

 リコーの沼津事業所は、システムの活用によって、現場管理者や現場作業者の管理業務の負担を軽減し、より付加価値の高い業務に注力したい考えである。また、今回構築したシステムを、他の事業工場にも展開する予定である。

 システムは、パッケージアプリケーションとして、富士通が提供するクラウド型の工場可視化サービス「FUJITSU Manufacturing Industry Solution COLMINA工場最適化ダッシュボード」を活用している。目的に応じたKPIで表示できるので、経営層や事業管理部門で見たい情報を確認できる。

 なお、リコーは、沼津事業所を化成品の研究・開発・生産拠点として、重合トナーやインクなどの画像形成用サプライ製品、サーマル製品(熱により文字や画像などを表示する製品)の研究開発から製造、次世代太陽電池や新素材などの新規事業開発を行っている。

 このうち、重合トナーを生産するケミカル工場では、広大な工場敷地内で製品がタンク、配管や加工機内を流れており、外観からは状況が分からないため、設備センサーやサンプリング検査などの情報により、製品の状態を把握している。

 「膨大な設備センサーからの情報に対して、少人数の生産現場の現場作業者で安全に管理・対応していくためには、現場作業者にいかに迅速かつ直観的に工場の稼働状況を伝達し、安全操業と品質確保を可能にするかが課題になっていた」(リコー)

 また、昨今の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、現場管理者が現場に行けない状況も発生するなか、「ニューノーマル時代のワークスタイル」についても模索してきたという。

関連キーワード

リコー / 富士通

関連記事

Special

-PR-

リコーの沼津事業所、工場全体の生産状況を俯瞰して可視化、リモート工場管理を可能にリコーの沼津事業所(静岡県沼津市)は2021年6月、リコーの沼津事業所は、重合トナー(プリンターなどで使用する高機能トナー)を生産するケミカル工場において、工場の生産状況を可視化するシステムを稼働させた。システムを共同開発した富士通が同年6月21日に発表した。

PAGE TOP