[新製品・サービス]

インテック、Citrix CloudとWindows Virtual Desktopを組み合わせたDaaSを提供

Windows 10仮想デスクトップを複数ユーザーで共有可能に

2021年7月1日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

インテックは2021年7月1日、Windows PCをクラウド上で月額制で提供するDaaS(Desktop as a Service)サービス「マネージド型仮想デスクトップサービス」を刷新した。DaaS基盤ミドルウェア「Citrix Cloud」はそのままに、仮想デスクトップの実行基盤として新たにMicrosoft Azureの「Windows Virtual Desktop」に対応した。これにより、ユーザー単位に仮想デスクトップを割り当てる「ユーザー専有型」に加え、同じ仮想デスクトップを複数ユーザーで利用する「ユーザー共有型」を選択できるようになった。価格(税別)は、初期料金が10万円で、1台あたり月額3980円から。

 インテックの「マネージド型仮想デスクトップサービス」は、インテックが提供するDaaSである。ユーザーと仮想デスクトップをつなぐDaaSの基盤ミドルウェアとして、シトリックス・システムズ・ジャパンの「Citrix Cloud」を利用する(仮想デスクトップにはCitrix ICAプロトコルでアクセスする)。ミドルウェアを動作させるIaaS基盤には、Microsoft Azureを使う(関連記事インテック、Citrix CloudベースのDaaS「マネージド型仮想デスクトップサービス」を提供図1)。

図1:「マネージド型仮想デスクトップサービス」の概要(出典:インテック)図1:「マネージド型仮想デスクトップサービス」の概要(出典:インテック)
拡大画像表示

 今回、DaaS基盤ミドルウェアにCitrix Cloudを採用したまま、仮想デスクトップの実行環境として、Azureの「Windows Virtual Desktop」に対応した。これにより、ユーザー単位に仮想デスクトップを割り当てる「ユーザー専有型」に加え、同じ仮想デスクトップを複数ユーザーで利用する「ユーザー共有型」を選択できるようになった。業務の特性に応じて仮想デスクトップ方式を混在させる使い方もできる。

 Windows Virtual Desktopは、ユーザープロファイルをOS領域から切り離し、ストレージサービス上に格納する機能(FSLogix)を備える。これにより、ユーザーは異なる仮想デスクトップ環境でも、同じユーザープロファイルを利用できる。サインイン時にプロファイルの読み込み処理が発生しないほか、ユーザープロファイルがWindows Updateの影響を受けないといったメリットもある。同機能は、「ユーザー共有型」で標準で利用できる(「ユーザー専有型」でもオプションで利用できる)。

 マネージド型仮想デスクトップサービスの特徴として、マネージド型(運用管理付き)のサービスであることを挙げる。Windows Virtual Desktopの構築と運用をインテックが代行することでユーザーの負荷を軽減する。ユーザー側ネットワークとの接続設定や社内Active Directoryとの同期など、個別環境に応じた導入支援も提供する。

 インテックも自社で導入している。以前から利用しているオンプレミスの仮想デスクトップ環境の更改タイミングに合わせ、マネージド型仮想デスクトップサービスを3000台規模で導入、2021年6月から全社に展開している。

関連キーワード

インテック / Citrix Cloud / Windows Virtual Desktop / DaaS / VDI

関連記事

Special

-PR-

インテック、Citrix CloudとWindows Virtual Desktopを組み合わせたDaaSを提供インテックは2021年7月1日、Windows PCをクラウド上で月額制で提供するDaaS(Desktop as a Service)サービス「マネージド型仮想デスクトップサービス」を刷新した。DaaS基盤ミドルウェア「Citrix Cloud」はそのままに、仮想デスクトップの実行基盤として新たにMicrosoft Azureの「Windows Virtual Desktop」に対応した。これにより、ユーザー単位に仮想デスクトップを割り当てる「ユーザー専有型」に加え、同じ仮想デスクトップを複数ユーザーで利用する「ユーザー共有型」を選択できるようになった。価格(税別)は、初期料金が10万円で、1台あたり月額3980円から。

PAGE TOP