[調査・レポート]

2020年国内ITサービス上位5社は、富士通、NTTデータ、日立、NEC、IBM

2021年7月12日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

IDC Japanは2021年7月12日、2020年の国内ITサービス市場のベンダー売上ランキングを発表した。売上の上位5社は、1位から順に、富士通、NTTデータ、日立製作所、NEC、IBMだった。中央省庁向けのマネージドサービスが拡大したNTTデータが、3位から2位に順位を上げた。前年比売上成長率が最も高かった大手ITベンダーは、前年同様、アクセンチュアだった。アクセンチュアは上位7社には含まれないが、すべての産業分野で二桁台のプラス成長を遂げた。

 IDC Japanによると、2020年の国内ITサービス市場は前年比2.8%減の5兆6834億円。ベンダー売上の上位5社は、1位が富士通、以下、NTTデータ、日立製作所、NEC、IBMの順である。中央省庁向けのマネージドサービスの売上げを拡大したNTTデータが、3位から2位に順位を上げている(図1関連記事2019年ITサービス上位5社は、富士通、日立製作所、NTTデータ、NEC、IBM

図1:国内ITサービス市場 上位7社の売上額(サービスセグメント別)、2020年(出典:IDC Japan)図1:国内ITサービス市場 上位7社の売上額(サービスセグメント別)、2020年(出典:IDC Japan)

 前年比売上成長率が最も高かった大手ITベンダーは、前年同様、アクセンチュアだった。アクセンチュアは上位7社には含まれないが、すべての産業分野で2桁台のプラス成長を遂げた。

 IDCは、サービスセグメント別の動向を次のように示している。

 プロジェクトベース市場は、上位10社のうち7社がマイナス成長になった。前年の特需の反動減と新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が影響した。マネージドサービス市場は、上位10社のうち6社がプラス成長を維持した。同市場は安定性が高く、COVID-19の影響は限定的である。サポートサービス市場は、上位10社のうち9社がマイナス成長になった。ハードウェアサポート市場の縮小傾向の継続、前年の特需の反動減とCOVID-19が影響した。

 一方、業種別では次のような動向だったとしている。

 金融向けは、上位10社の順位に変動はなかった。COVID-19の影響は、比較的小さかった。製造向けは、上位5社がすべてマイナス成長になった。COVID-19の影響が大きかった。政府/公共向けは、ベンダーの成長率にばらつきが見られる。中央省庁においてCOVID-19の影響が比較的小さかった一方で、地方自治体ではCOVID-19の影響が大きかった。前年の特需の反動減も影響した。

 今回の発表は、IDC Japanが発行した『国内ITサービス市場シェア、2020年:COVID-19がベンダーの成長性に影響』で詳細を報告している。同レポートでは、国内ITサービス市場における大手ITサービスベンダーの競合状況を把握することを目的に、大手ITサービスベンダー各社の売上をサービスセグメント別/産業分野別に分析している。

関連キーワード

IDC / 市場調査 / ITサービス / SIer / 官公庁 / 製造 / 金融 / 富士通 / NTTデータ / 日立製作所 / NEC / IBM / Accenture

関連記事

Special

-PR-

2020年国内ITサービス上位5社は、富士通、NTTデータ、日立、NEC、IBMIDC Japanは2021年7月12日、2020年の国内ITサービス市場のベンダー売上ランキングを発表した。売上の上位5社は、1位から順に、富士通、NTTデータ、日立製作所、NEC、IBMだった。中央省庁向けのマネージドサービスが拡大したNTTデータが、3位から2位に順位を上げた。前年比売上成長率が最も高かった大手ITベンダーは、前年同様、アクセンチュアだった。アクセンチュアは上位7社には含まれないが、すべての産業分野で二桁台のプラス成長を遂げた。

PAGE TOP