[新製品・サービス]

マイクロソフト、新しいDaaS「Windows 365」を2021年8月に提供、数クリックでクラウドPCを導入可能に

2021年7月15日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

米マイクロソフトは2021年7月14日(米国現地時間)、クラウド上のWindowsデスクトップPCをシンクライアント型でリモート操作するDaaSサービスのラインアップを拡充し、新しいデスクトップサービス「Windows 365 Cloud PC」を発表した。同年8月2日から提供開始する。中小企業から大企業まで、企業規模の大小を問わずに利用できるとしている。数回クリックするだけで導入でき、簡単に使えることをアピールしている。カスタマイズの自由度の高い既存のDaaS「Azure Virtual Desktop」と住み分ける。

 マイクロソフトの「Windows 365 Cloud PC」は、クラウド上のWindowsデスクトップPCをシンクライアント型でリモート操作するDaaS(Desktop as a Service)の新サービスである。同社が提供している既存のDaaS「Azure Virtual Desktop」と同様の技術を用いつつ、よりシンプルで簡単に、企業規模の大小を問わず利用できるようにしたという(画面1)。

画面1:Windows 365 Cloud PCの動作イメージ(出典:日本マイクロソフト)
拡大画像表示

 企業は、Windows 10またはWindows 11(2021年後半に提供開始)のいずれかを選択し、エンドユーザーごとの月額料金で利用できる。米Microsoft/日本マイクロソフトから直接購入のほか、クラウドサービス事業者を介して購入できる。

 特徴として、簡単に使えることをアピールしている。IT部門は、管理ツール「Microsoft Endpoint Manager」を使って、クラウド上のデスクトップを、物理PCと同様に調達/展開できる。数クリックの操作で、組織向けにデスクトップをセットアップできるとしている。

 既存のDaaSであるAzure Virtual Desktopと住み分ける。デスクトップ仮想化の経験を持っているユーザーで、より多くのカスタマイズや柔軟なオプションを求めるユーザーに向けては、Azure Virtual Desktopを提供する。

関連キーワード

Windows 365 / DaaS / Azure Virtual Desktop / シンクライアント / VDI / クライアント管理 / エンドポイントセキュリティ

関連記事

Special

-PR-

マイクロソフト、新しいDaaS「Windows 365」を2021年8月に提供、数クリックでクラウドPCを導入可能に米マイクロソフトは2021年7月14日(米国現地時間)、クラウド上のWindowsデスクトップPCをシンクライアント型でリモート操作するDaaSサービスのラインアップを拡充し、新しいデスクトップサービス「Windows 365 Cloud PC」を発表した。同年8月2日から提供開始する。中小企業から大企業まで、企業規模の大小を問わずに利用できるとしている。数回クリックするだけで導入でき、簡単に使えることをアピールしている。カスタマイズの自由度の高い既存のDaaS「Azure Virtual Desktop」と住み分ける。

PAGE TOP