[市場動向]

SRA OSS、PostgreSQL 14の新機能を動作検証、結果をレポートで公開

2021年8月6日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

オープンソースソフトウェア(OSS)のサポートサービスに携わるSRA OSS日本支社は2021年8月6日、OSSのRDBMSで2021年秋にリリースを予定している「PostgreSQL 14」の新機能の動作を検証し、検証レポートを同社の技術情報サイト「SRA OSS Tech Blog」で公開した。

 オープンソースのRDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)であるPostgreSQLは、概ね1年に1度のペースでメジャーバージョンアップを実施し、新機能をリリースしている。2021年秋にPostgreSQL 14のリリースを予定している。

 SRA OSS日本支社は、PostgreSQL 14の新機能について動作を検証した。検証結果を今回、同社の技術情報サイト「SRA OSS Tech Blog」で公開した図1)。

図1:『PostgreSQL14 検証レポート』の目次(出典:SRA OSS日本支社)図1:『PostgreSQL14 検証レポート』の目次(出典:SRA OSS日本支社)
拡大画像表示

 PostgreSQL 14の代表的な新機能は以下のとおり。SRA OSS日本支社の検証レポートでもこれらを取り上げている。レポートの分量は、66ページのPDFファイルである。

  • Btreeインデックスの肥大化防止
  • 式に対する拡張統計
  • LZ4による列のTOAST圧縮
  • postgres_fdwの拡張
  • ロジカルレプリケーションの改善
  • マルチ範囲型
  • 再帰CTE問い合わせにおけるSEARCH/CYCLE句のサポート
  • アイドルセッションのタイムアウト機能
  • 新システムロールpg_read_all_data/pg_write_all_data
  • COPY進捗表示、WAL書き出しやロジカルレプリケーションの統計表示
  • pg_amcheckコマンド
関連キーワード

SRA OSS日本支社 / PostgreSQL / RDBMS

関連記事

Special

-PR-

SRA OSS、PostgreSQL 14の新機能を動作検証、結果をレポートで公開オープンソースソフトウェア(OSS)のサポートサービスに携わるSRA OSS日本支社は2021年8月6日、OSSのRDBMSで2021年秋にリリースを予定している「PostgreSQL 14」の新機能の動作を検証し、検証レポートを同社の技術情報サイト「SRA OSS Tech Blog」で公開した。

PAGE TOP