[市場動向]

富士通エフサス、全国のメンテナンスサービス子会社を東西2社体制に再編

2021年8月31日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富士通エフサスは2021年8月31日、同年10月1日付けで、全国のメンテナンスサービスを担うカスタマサービス子会社6社を東西2社体制に再編すると発表した。合併後の2社は、東日本地域が富士通エフサス東日本カスタマサービス(本社:東京都千代田区)、西日本地域が富士通エフサス西日本カスタマサービス(本社:大阪市中央区)になる。

 富士通エフサスは、全国のメンテナンスサービスを担うカスタマサービス子会社6社を、2021年10月1付けで東西2社体制に再編する(表1表2)。

 東日本全体のメンテナンス事業を担う新会社は、富士通エフサス・カスタマサービスが、富士通エフサス東日本カスタマサービスを吸収合併し、富士通エフサス東日本カスタマサービス(本社:東京都千代田区)へと社名を変更する形で再編する。

 西日本全体のメンテンナンス事業を担う新会社は、富士通エフサス東海カスタマサービスが、西日本地区のカスタマサービス子会社(富士通エフサス北陸カスタマサービス、富士通エフサス関西カスタマサービス、富士通エフサス四国カスタマサービス)を吸収合併し、富士通エフサス西日本カスタマサービス(本社:大阪市中央区)へと社名を変更する形で再編する。

 再編の目的について富士通エフサスは「各社に分散する知見やノウハウを結集し、エンジニアの技術力強化や領域拡大を図る」としている。

表1:合併後の会社概要
東日本
名称 富士通エフサス東日本カスタマサービス
所在地 東京都千代田区岩本町3丁目11番11号
代表者 代表取締役社長 伊藤祐助
資本金 5000万円
従業員数 521人
西日本
名称 富士通エフサス西日本カスタマサービス
所在地 大阪市中央区城見二丁目2番22号
代表者 代表取締役社長 塩福宣雄
資本金 5000万円
従業員数 402人
表2:当事会社の概要
存続/消滅会社 社名 本社所在地
東日本
存続会社 富士通エフサス・カスタマサービス 東京都千代田区
消滅会社 富士通エフサス東日本カスタマサービス 埼玉県さいたま市
西日本
存続会社 富士通エフサス東海カスタマサービス 愛知県名古屋市中区
消滅会社 富士通エフサス北陸カスタマサービス 富山県富山市
富士通エフサス関西カスタマサービス 大阪府大阪市
富士通エフサス四国カスタマサービス 香川県高松市
関連キーワード

富士通エフサス / 富士通 / SIer / 組織再編

関連記事

Special

-PR-

富士通エフサス、全国のメンテナンスサービス子会社を東西2社体制に再編富士通エフサスは2021年8月31日、同年10月1日付けで、全国のメンテナンスサービスを担うカスタマサービス子会社6社を東西2社体制に再編すると発表した。合併後の2社は、東日本地域が富士通エフサス東日本カスタマサービス(本社:東京都千代田区)、西日本地域が富士通エフサス西日本カスタマサービス(本社:大阪市中央区)になる。

PAGE TOP