[事例ニュース]

三島信用金庫と蒲郡信用金庫、勘定系データを活用する補完業務システムをクラウド化

2021年9月17日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

三島信用金庫(本店:静岡県三島市)と蒲郡信用金庫(本店:愛知県蒲郡市)は、勘定系システムとつながるデータべースや帳票ツールなどの補完業務システムを、オンプレミス環境からクラウド環境へと移行した。三島信金は2021年8月2日、蒲郡信金は同年9月6日に稼働させた。クラウドサービス「FJcloud-V」を提供した富士通が同年9月17日に発表した。

 信用金庫における補完業務システムは、勘定系システムから切り出した取引データを使って顧客ごとの信用情報やローン試算などを行うデータベースや、帳票ツールなどで構成する。三島信用金庫と蒲郡信用金庫は、補完業務システムとして、富士通のパッケージ「FUJITSU Financial Services Solution信金補完標準化サービス SK-Force」(SK-Force)を使っていた。

 三島信用金庫と蒲郡信用金庫は今回、オンプレミスで構築していた補完業務システム「SK-Force」を、クラウドサービス「FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud-V」(FJcloud-V)上に構築して移行した(図1)。クラウド環境と信用金庫は、閉域網で接続した。システムは冗長化構成をとっており、ハードウェア故障時には即座に切り替わる。

図1:三島信用金庫と蒲郡信用金庫が補完業務システム「SK-Force」をクラウド化したイメージ図(出典:富士通)図1:三島信用金庫と蒲郡信用金庫が補完業務システム「SK-Force」をクラウド化したイメージ図(出典:富士通)
拡大画像表示

 クラウド化によって、ハードウェアのライフサイクルや更新を気にすることなく、必要なリソースを利用できるようになった。信金内のマシン室での運用を電力効率の高いデータセンターに移管したことで、消費電力も抑制する。また、Oracle Databaseライセンスをクラウド環境に持ち込めるFJcloud-Vのサービスを利用することで、既存のOracle Databaseを活用することができた。

 なお、FJcloud-Vは、「VMware ESXi」でサーバー仮想化基盤を構成するIaaS型クラウドサービスである。富士通は、オンプレミスのVMware ESXiで稼働している基幹システムの移行先としてFJcloud-Vを位置づけている(関連記事富士通、IaaSクラウドを中核としたITインフラ基盤「FUJITSU Hybrid IT Service」を体系化)。

関連キーワード

三島信用金庫 / 蒲郡信用金庫 / FJcloud-V / VMware / 富士通 / クラウド移行 / Oracle / FJcloud

関連記事

Special

-PR-

三島信用金庫と蒲郡信用金庫、勘定系データを活用する補完業務システムをクラウド化三島信用金庫(本店:静岡県三島市)と蒲郡信用金庫(本店:愛知県蒲郡市)は、勘定系システムとつながるデータべースや帳票ツールなどの補完業務システムを、オンプレミス環境からクラウド環境へと移行した。三島信金は2021年8月2日、蒲郡信金は同年9月6日に稼働させた。クラウドサービス「FJcloud-V」を提供した富士通が同年9月17日に発表した。

PAGE TOP