ワークスタイル ワークスタイル記事一覧へ

[調査・レポート]

2020年度の国内バーチャルオフィス市場は前年度比6.4倍の急成長─ITR

2021年11月5日(金)IT Leaders編集部

アイ・ティ・アール(ITR)は2021年11月4日、国内のバーチャルオフィス(仮想オフィス)製品市場における規模の推移と予測を発表した。2020年度のバーチャルオフィス製品市場の規模は3億2000万円で、コロナ禍でのテレワークの普及などを背景に、前年度比6.4倍の急成長となった。市場参入ベンダーの増加と認知度向上により、市場が活発化しているという。

 アイ・ティ・アール(ITR)の調査によると、国内バーチャルオフィス(仮想オフィス)製品市場の2020年度の売上金額は3億2000万円で、前年度から6.4倍の急成長となった(図1)。ベンダー数はまだ少ないものの、各社とも売上金額を前年度の数倍に伸ばし、新規参入も増えたことが要因だという。

図1:バーチャルオフィス市場における規模の推移と予測(2019~2025年度予測)(出典:アイ・ティ・アール)図1:バーチャルオフィス市場における規模の推移と予測(2019~2025年度予測)(出典:アイ・ティ・アール)

 ITRはバーチャルオフィス市場の動向について次のように説明している。「同市場は黎明期であり、まだバーチャルオフィスの定義も明確でないため、独自のコンセプトを掲げた多様な製品・サービスが登場している。特に2019年度以降、大手ベンダーをはじめ新規参入が増加している。昨今では、テレビ番組や一般紙などで取り上げられる場面も出てくるなど、コロナ禍を契機にバーチャルオフィスの認知度が向上していることから、ユーザーが急増し市場は活発化している」(関連記事仮想オフィスに出社し同僚と顔を合わせて働ける「FAMoffice」─富士ソフトが社内ツールを製品化)NTT Com、同僚などに気軽に話しかけられるオンライン上の仕事環境「NeWork(ニュワーク)」

 ITRが推定した同市場のCAGR(年平均成長率、2020~2025年度)は96.8%。同社によると、今後もオンラインイベント(バーチャルイベント)やキャンペーンでの一時的な利用が見込めるほか、コラボレーション/コミュニケーション関連の製品・サービスとの連携によるプラットフォーム化や、勤怠管理製品・サービスとの連携による在宅勤務下での効率的な就業管理活用など、導入のきっかけとなる機能強化・拡張が進むことにより、ユーザーの増加が期待されるという。

 「バーチャルオフィス製品は、テレワーク環境におけるWeb会議やチャットを活用したオンラインコミュニケーションを補完する存在として、注目度が高まっている。オンライン空間上での行動をオープンかつ緩やかに共有することで、組織への帰属意識を醸成するとともに、雑談や偶発的な会話を生じやすくする効果が期待できる。現時点では物理オフィスを完全に代替するものではないものの、分断が進みがちな組織において、関係者が一堂に会する場を提供する手段として、今後も導入が進むと見られる」(同社)。

関連記事デジタルワークプレイス関連記事一覧

[編集部より]
 IT Leaders編集部は、バーチャルオフィス製品・サービスをはじめとする「デジタルワークプレイス」をテーマにしたオンラインライブ配信ウェビナーを2021年12月1日に開催いたします(聴講無料・事前登録制)。この分野のエキスパートと先進ユーザーのセッションを通じて、自社での戦略策定や技術・製品の見極め、実現に向けたアクションを明らかにするウェビナーに是非、ご参加ください!

IT Leaders Tech Strategy LIVE「2022年以降の『デジタルワークプレイス』その必要条件─DXを加速させる“働き方転換”に向けた戦略とアクション」
関連キーワード

バーチャルオフィス / ITR / 市場調査 / テレワーク / 在宅勤務 / 勤怠管理 / デジタルワークプレイス / Web会議システム / ビジネスチャット / 新型コロナウイルス / バーチャルイベント / イベント運営 / イベント

関連記事

Special

-PR-

2020年度の国内バーチャルオフィス市場は前年度比6.4倍の急成長─ITRアイ・ティ・アール(ITR)は2021年11月4日、国内のバーチャルオフィス(仮想オフィス)製品市場における規模の推移と予測を発表した。2020年度のバーチャルオフィス製品市場の規模は3億2000万円で、コロナ禍でのテレワークの普及などを背景に、前年度比6.4倍の急成長となった。市場参入ベンダーの増加と認知度向上により、市場が活発化しているという。

PAGE TOP