[事例ニュース]

転職サービス「doda」、基幹データベースのOracle Exadataをハイブリッドクラウドに移行

2021年11月17日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

パーソルキャリアは、転職サービス「doda」を支える基幹業務データベースをハイブリッドクラウドに移行した。オンプレミスの「Oracle Exadata」を、「Oracle Exadata Cloud@Customer」と「Oracle Exadata Cloud Service」を組み合わせた環境に移行した。2022年10月の第2フェーズでは、ハイブリッドではなくパブリッククラウドのみ(Oracle Exadata Cloud Service)の環境に移行する予定である。日本オラクルとアシストが2021年11月17日に発表した。

 パーソルキャリアは、転職サービス「doda」を支える基幹業務データベースを、それまでのオンプレミス環境からハイブリッドクラウド環境へと移行した。

 オンプレミスで稼働する「Oracle Exadata」を、「Oracle Exadata Cloud@Customer」と「Oracle Exadata Cloud Service」を組み合わせた環境に移行した。2022年10月の第2フェーズでは、ハイブリッドではなくパブリッククラウドだけ(Oracle Exadata Cloud Service)の環境に移行する予定である。

 転職サービス「doda」は、654万人の累計登録者(2021年10月現在)を擁している。転職サイト、エージェントサービス、転職イベントなどのサービスを提供しており、登録者の増加、新規サービスやサービス拡大など、年々その事業を拡大している。dodaの基幹データベースはこれまで、本番環境はオンプレミスの「Oracle Exadata」、開発および性能検証環境は「Oracle Exadata Cloud@Customer」で稼働してきた。

 今回、オンプレミス環境のシステム更改に際し、「Oracle Exadata Cloud Service」を選定。段階的にクラウド化を進めることにした。第1フェーズとして、これまで開発環境として利用してきた「Oracle Exadata Cloud@Customer」を本番環境とし、DR(災害時復旧)環境として「Oracle Exadata Cloud Service」を使うハイブリッド構成に移行した。開発検証環境には「Oracle Exadata Cloud Service」と「Oracle Database Cloud」を活用する。

 従来のシステムからハイブリッドクラウド環境への移行によるハードウェアの性能向上およびSQLチューニングによって、リソースを20%削減しながら同等以上の性能を実現した。移行後は、性能の向上によって安定性が向上し、レスポンスタイムや遅延などの月次の問い合わせ件数が減少している。

 Oracle Exadata Cloud@Customerは、自社データセンターに配置しながらオラクルがリモートで運用管理を行うため、運用管理負荷やコストも削減できた。DR環境をパブリッククラウドに移行することで、平常時に8分の1までリソースを低減できた。開発環境はOracle Databaseの機能を従量課金で利用できることから、テスト機能であるReal Application Testingを活用して開発、検証の効率化を図っている。

 2022年10月に稼働を予定している第2フェーズでは、現在のハイブリッドクラウド環境からパブリッククラウド環境(Oracle Cloud東京リージョンおよび大阪リージョンのOracle Exadata Cloud Service)に移行する。また、Oracle Cloud上でのデータ活用も検討している。

関連キーワード

パーソルキャリア / Oracle Exadata / アシスト / サービス業 / クラウド移行 / Oracle / ハイブリッドクラウド

関連記事

Special

-PR-

転職サービス「doda」、基幹データベースのOracle Exadataをハイブリッドクラウドに移行パーソルキャリアは、転職サービス「doda」を支える基幹業務データベースをハイブリッドクラウドに移行した。オンプレミスの「Oracle Exadata」を、「Oracle Exadata Cloud@Customer」と「Oracle Exadata Cloud Service」を組み合わせた環境に移行した。2022年10月の第2フェーズでは、ハイブリッドではなくパブリッククラウドのみ(Oracle Exadata Cloud Service)の環境に移行する予定である。日本オラクルとアシストが2021年11月17日に発表した。

PAGE TOP