[新製品・サービス]

NTT Com、VMwareベースのIaaSを「IaaS Powered by VMware」に刷新

2021年11月25日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2021年11月25日、クラウド基盤サービス「IaaS Powered by VMware」を発表した。同年12月1日から提供する。サーバー仮想化ミドルウェアにVMware vSphereを採用しており、老朽化したIT資産のリプレース先として位置づけている。既存の「Enterprise Cloud 1.0」(VMwareベース版)を置き換える新サービスであり、Enterprise Cloud 1.0の新規申し込みを2022年3月31日に終了し、サービス提供を2023年12月1日に終了する。

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)の「IaaS Powered by VMware」はIaaS型のクラウド基盤サービスである。サーバー仮想化ミドルウェアにオンプレミスと同様の「VMware vSphere」を採用しており、老朽化したIT資産のリプレース先として位置づけている。仮想サーバー1台から利用できるため、最初は少ない台数から段階的にクラウドに移行する手法を選べる。

図1:「IaaS Powered by VMware」の概要(出典:NTTコミュニケーションズ)図1:「IaaS Powered by VMware」の概要(出典:NTTコミュニケーションズ)
拡大画像表示

 レプリケーション機能を提供する。オンプレミスや他のクラウドサービス上に構築した複雑なシステム環境やデータを、簡単な操作で移行先に複製できるとしている。複数のサーバーにまたがって構成した複雑なシステムも、OS情報などを含めて複製する。対象が基幹システムでも、高度な知識を必要とせずGUI操作だけで容易に移行できるとしている(図1)。

 利用料は、月額上限金額を設定した。データ転送量や利用時間にともなう従量課金ではないため、コスト管理が容易である。クラウドへの計画的な投資が可能になる。

 IaaS Powered by VMwareは、既存サービス「Enterprise Cloud 1.0」を置き換える新サービスとして提供する。これにともない、Enterprise Cloud 1.0の新規申し込み受付を2022年3月31日に終了し、サービス提供を2023年12月1日に終了する。

 なお、Enterprise Cloudには、2つのサービスがある。2012年6月に提供を始めた「Enterprise Cloud 1.0」はVMwareベースである。2016年3月に提供を始めた「Enterprise Cloud 2.0」は、OpenStackベースの仮想サーバー、VMware vSphereおよびHyper-Vのサーバー仮想化基盤、ベアメタルサーバーなどを提供している。
 

関連キーワード

NTTコミュニケーションズ / VMware / IaaS / クラウド移行 / vSphere

関連記事

Special

-PR-

NTT Com、VMwareベースのIaaSを「IaaS Powered by VMware」に刷新NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2021年11月25日、クラウド基盤サービス「IaaS Powered by VMware」を発表した。同年12月1日から提供する。サーバー仮想化ミドルウェアにVMware vSphereを採用しており、老朽化したIT資産のリプレース先として位置づけている。既存の「Enterprise Cloud 1.0」(VMwareベース版)を置き換える新サービスであり、Enterprise Cloud 1.0の新規申し込みを2022年3月31日に終了し、サービス提供を2023年12月1日に終了する。

PAGE TOP