[新製品・サービス]

KCCS、OBC、ITCS、3社の製品を組み合わせた中堅・中小企業向け財務会計パッケージ

2021年12月2日(木)IT Leaders編集部

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)、オービックビジネスコンサルタント(OBC)、ITCSの3社は2021年12月1日、中堅・中小企業向け会計ソフトウェア「Amoeba Pro 財務会計オプション DX推進パック」を提供開始した。3社のソフトウェアを組み合わせたクラウド型業務アプリケーションパッケージである。

 「Amoeba Pro 財務会計オプション DX推進パック」は、中堅・中小企業向けクラウド型会計アプリケーションパッケージである。京セラコミュニケーションシステム(KCCS)、オービックビジネスコンサルタント(OBC)、ITCSの3社のソフトウェアを組み合わせている。月額制で必要なユーザー数・機能に応じて利用できる(図1)。

図1:ERPフロントシステム「Manage OZO3」、財務会計システムの「勘定奉行クラウド」、管理会計システムの「Amoeba Pro」の連携イメージ(出典:京セラコミュニケーションシステム、オービックビジネスコンサルタント、ITCS)図1:ERPフロントシステム「Manage OZO3」、財務会計システムの「勘定奉行クラウド」、管理会計システムの「Amoeba Pro」の連携イメージ(出典:京セラコミュニケーションシステム、オービックビジネスコンサルタント、ITCS)
拡大画像表示

 KCCSの管理会計システム「Amoeba Pro」、OBCの財務会計システム「勘定奉行クラウド」、KCCSのERPフロントシステム「Manage OZO3」の3サービスの組み合わせを「DX推進パック」として提供する。また、Amoeba Proと勘定奉行クラウドの組み合わせを「財務連携パック」として提供する。

 Manage OZO3で日々入力する伝票データを、勘定奉行クラウドとAmoeba Proにリアルタイムに実績連携(管財一致)する。これにより、ダッシュボードから経営状況を把握でき、社員の勤務時間やプロジェクト別の工数情報の管理が行える。

 Amoeba Proの特徴である部門別採算や時間当たりなど、アメーバ経営の実践を支援する多軸分析機能、予算・実績管理、フォーキャスト管理の機能によって、複数の切り口からデータを把握・分析することが可能である。経営者の迅速な経営判断、社員個々人の経営参加意識向上を支援する。ワークフローを現場で起票することで、経理部門の仕訳にかかる工数を削減し、業務の平準化を図る。各種分析やレポート作成、管財一致にかかる工数を削減する。

 価格(税別)は、社員100人の場合に、DX推進パックが月額34万2000円で、環境構築費が59万円から。財務連携パックが月額18万2000円で、環境構築費が30万円から。別途、導入支援サービス(個別見積もり)が必要となる。

関連キーワード

ITCS / KCCS / 財務会計 / 協業・提携 / 中堅・中小企業 / OBC

関連記事

Special

-PR-

KCCS、OBC、ITCS、3社の製品を組み合わせた中堅・中小企業向け財務会計パッケージ京セラコミュニケーションシステム(KCCS)、オービックビジネスコンサルタント(OBC)、ITCSの3社は2021年12月1日、中堅・中小企業向け会計ソフトウェア「Amoeba Pro 財務会計オプション DX推進パック」を提供開始した。3社のソフトウェアを組み合わせたクラウド型業務アプリケーションパッケージである。

PAGE TOP