CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[技術解説]

デジタルに浮き立つ前に、既存プロセス/システムの見直し・整理を

技術的負債はレガシーだけじゃない─DX着手前にやっておくべきこと

2022年2月15日(火)佃 均(ITジャーナリスト)

経済産業省が「崖に落ちるぞ」と警告した2025年まであと3年。経営陣は「我が社のDXはどうなっているのか」と回答を求めてくる。あるいは「早くDXを導入しろ」と催促する。一方、IT部門は「予算も人手もないのに」と不満を募らせる。2025年の崖が本当にあるなら、2022年を“DX社会実装元年”にしなければ間に合わない──が、ちょっと待った。いたずらに突き進めば思わぬ落とし穴に足を取られ、ハシゴから高転びに転げ落ちるかもしれない。DXに着手する前にやっておくべきことがある。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
  • 3
関連キーワード

ビジネスプロセス / システム開発 / レガシーシステム / 決済 / EC / 2025年の崖 / デジタルトランスフォーメーション / IT部門 / 経済産業省 / デジタル庁 / IPA

関連記事

Special

-PR-

デジタルに浮き立つ前に、既存プロセス/システムの見直し・整理を [ 2/3 ] 経済産業省が「崖に落ちるぞ」と警告した2025年まであと3年。経営陣は「我が社のDXはどうなっているのか」と回答を求めてくる。あるいは「早くDXを導入しろ」と催促する。一方、IT部門は「予算も人手もないのに」と不満を募らせる。2025年の崖が本当にあるなら、2022年を“DX社会実装元年”にしなければ間に合わない──が、ちょっと待った。いたずらに突き進めば思わぬ落とし穴に足を取られ、ハシゴから高転びに転げ落ちるかもしれない。DXに着手する前にやっておくべきことがある。

PAGE TOP