開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

テラスカイ、「SkyVisualEditor」にSlack連携機能を追加、Salesforce画面からSlackを利用

2022年5月12日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

テラスカイは2022年5月12日、Salesforce画面開発ツール「SkyVisualEditor」に、Salesforce画面からSlackを利用可能にするコンポーネントを追加した。営業社員は、商談を確認しながら別部門の社員とSlackで対話できる。サービス担当者は、問い合わせ対応履歴(ケース)を確認しながら顧客や担当部門と対話できる。

 テラスカイの「SkyVisualEditor」は、Salesforce.com画面のノンプログラミング開発ツールである(関連記事テラスカイ、Salesforce画面開発ツール「SkyVisualEditor」に新版、Windowsクライアント版を追加)。

 ドラッグ&ドロップ操作で、VisualforceページやLightning Componentを生成できる。ユーザー独自のアプリケーションを構築したいケースや、ユーザーインタフェースを改善してSalesforceアプリケーションを社内に定着化させたいケースなどに役立つ。

 今回、Salesforce画面上でSlackを使えるようにするコンポーネントを追加した。SalesforceのレコードとSlackのチャンネルをひも付けて表示する。SlackのチャンネルメッセージをSalesforce画面にタイムライン表示したり、Salesforce画面からSlackのチャンネルにメッセージを投稿したりできる(画面1)。

図1:「SkyVisualEditor」にSlack連携機能を追加し、Salesforce画面からSlackを利用できるようにした(出典:テラスカイ)図1:「SkyVisualEditor」にSlack連携機能を追加し、Salesforce画面からSlackを利用できるようにした(出典:テラスカイ)
拡大画像表示

 例えば、営業社員は商談を確認しながら、別部門の社員とSlackで対話して、商談成功に向けた施策を検討できる。また、サービス担当者は、問い合わせ対応履歴(ケース)を確認しながら、顧客や担当部門と対話し、迅速に解決をはかることが可能である。Slackを利用している相手との間でコミュニケーションがとれる。

関連キーワード

テラスカイ / SkyVisualEditor / Slack / Salesforce.com / ローコード

関連記事

Special

-PR-

テラスカイ、「SkyVisualEditor」にSlack連携機能を追加、Salesforce画面からSlackを利用テラスカイは2022年5月12日、Salesforce画面開発ツール「SkyVisualEditor」に、Salesforce画面からSlackを利用可能にするコンポーネントを追加した。営業社員は、商談を確認しながら別部門の社員とSlackで対話できる。サービス担当者は、問い合わせ対応履歴(ケース)を確認しながら顧客や担当部門と対話できる。

PAGE TOP