[新製品・サービス]

Zoomでのオンライン商談内容をAIで解析─レブコムの「MiiTel for Zoom」

話す速度、被り回数、沈黙回数などを定量的に評価

2022年7月7日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

RevComm(レブコム)は2022年7月7日、オンライン商談解析サービス「MiiTel for Zoom」を提供開始した。Web会議サービス「Zoom」を用いた商談を記録し、トーク内容をAIで解析するサービスである。話す速度、被り回数、沈黙回数などを定量的に評価する。Salesforceとも連携し、商談情報を自動的に登録する。

 RevComm(レブコム)の「MiiTel for Zoom」は、オンライン商談解析サービスである。Web会議システム「Zoom」を用いたオンライン商談を自動録画し、音声をAIで文字起こしして、トーク内容をAIで分析する。Salesforceとも連携し、商談情報を自動的に登録する(画面1)。

画面1:「MiiTel for Zoom」の画面イメージ(出典:RevComm)画面1:「MiiTel for Zoom」の画面イメージ(出典:RevComm)
拡大画像表示

 文字起こしでは、「あー、えー」などのフィラー(filler:つなぎ、詰め物)発話を自動で取り除き、議事録の作成工数を削減する。文字起こしをしたテキストは、タスク自動化ツール「Zapier」を介してGoogleドキュメントやWordファイルなどに書き出せる。

 トーク内容の分析では、話す速度、被り回数、沈黙回数などを定量評価する。また、商談の流れを把握し、見たい場面を指定して再生できるように、「予算」や「ニーズ」や「時期」といった画面ごとのトピックを自動で判定する。

 録画データは、Zoomのクラウド録画機能と連携して取得可能。会議終了後、自動的にMiiTelのクラウドに録画データを保存する。Zoomのクラウド録画機能を使っていない場合でも、録画ファイル(mp4)があれば、これをMiiTelのクラウドにアップロードして登録可能である。

 商談データにコメントを付けて共有したり、タグを付けて後から確認すべき商談をプレイリスト化したりできる。商談内容の検索も可能で、タイトル、参加者名、録画の長さ、タグなどから、振り返りたい商談を検索して確認可能である。

 マネーフォワードは、MiiTel for Zoomのベータ版を先行活用する企業の1社である。MiiTel for Zoomを商談後の振り返りやセルフ教育に活用することによって、受注率が2倍になった。また、営業担当者のオンボーディングに要する期間が、半年から約4カ月へと短縮されたという。

関連キーワード

RevComm / Zoom / オンライン商談 / Web会議システム / テレワーク / マネーフォワード

関連記事

Special

-PR-

Zoomでのオンライン商談内容をAIで解析─レブコムの「MiiTel for Zoom」RevComm(レブコム)は2022年7月7日、オンライン商談解析サービス「MiiTel for Zoom」を提供開始した。Web会議サービス「Zoom」を用いた商談を記録し、トーク内容をAIで解析するサービスである。話す速度、被り回数、沈黙回数などを定量的に評価する。Salesforceとも連携し、商談情報を自動的に登録する。

PAGE TOP