コミュニケーション コミュニケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

仮想空間上のオフィスにアバターで出勤─OPSIONの「クラウドオフィス RISA」ベータ版

2020年6月24日(水)IT Leaders編集部

OPSIONは2020年6月23日、アバターやバーチャル空間を用いた業務環境を提供する仮想オフィスサービス「クラウドオフィス RISA」のリリースに先がけて、ベータ版の事前登録を開始した。“テレワーク疲れ”の解消を目的としている。

 OPSIONの「クラウドオフィス RISA」は、“テレワーク疲れ”の解消を目的とした、アバターやバーチャル空間を用いた業務環境を提供する仮想オフィスサービスである。ちょっとした雑談やタバコ部屋など、テレワークで失われたものを提供する。通常のPCのブラウザ上で動作する(画面1)。

画面1:ログインしたユーザーとアバターを介してコミュニケーションをとれる(画面左)。会議室で個別のコミュニケーションも可能(画面右)画面1:ログインしたユーザーとアバターを介してコミュニケーションをとれる(画面左)。会議室で個別のコミュニケーションも可能(画面右)
拡大画像表示

 今回、事前登録した企業には、ベータ版のリリースに先行して、一部の機能を2020年7月以降に提供する。ベータ版で提供予定の機能は以下の通り。

  • アバター選択:男性/女性、それぞれ10種類から好きなアバターを選択できる
  • チャットツール/音声通話機能:ログインユーザー全員でチャットや音声通話を行える
  • 会議室機能:会議室に入室すると個別での音声通話ができる
  • 画面共有:アプリケーションを選択し、全体(ログインしているメンバー)で画面を共有できる
  • ノック機能:ログインしていないユーザーに対して通知を送れる

 サービス提供の背景として同社は、テレワーク環境はオフィスと比べてコミュニケーションが取りづらい状況を挙げる。「テレワークでは、オフィスに集まって仕事をしていた時と比べて、気軽に雑談したり、雰囲気から困っていることを察したり、休憩がてらにタバコ部屋へ行ったり、仕事の達成をともに喜んだりといったことが難しくなっている」(同社)。

関連キーワード

OPSION / テレワーク / 仮想オフィス / デジタルワークプレイス

関連記事

Special

-PR-

仮想空間上のオフィスにアバターで出勤─OPSIONの「クラウドオフィス RISA」ベータ版OPSIONは2020年6月23日、アバターやバーチャル空間を用いた業務環境を提供する仮想オフィスサービス「クラウドオフィス RISA」のリリースに先がけて、ベータ版の事前登録を開始した。“テレワーク疲れ”の解消を目的としている。

PAGE TOP