[新製品・サービス]

仮想環境向けシステム監視ソフトウェアの新版「MIRACLE ZBX Virtual Appliance V5.0」

2020年9月29日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

サイバートラストは2020年9月29日、サーバー仮想化環境に特化したシステム監視製品の新版「MIRACLE ZBX Virtual Appliance V5.0」を発表、同日提供を開始した。仮想アプライアンス型の製品であり、VMware ESXi 6.5/6.7/7.0環境で動作する。ミドルウェア/OSとして、システム監視ソフトウェア「MIRACLE ZBX 5.0」と、Linux OS「MIRACLE LINUX 8 Asianux Inside」を搭載している。

 MIRACLE ZBX Virtual Applianceは、システム監視ソフトウェア(SNMPマネージャ)製品の「MIRACLE ZBX」を、仮想アプライアンス化した製品である(関連記事サイバートラスト、仮想環境向けシステム監視ソフトに新版「MIRACLE ZBX VA 4.0」)。VMwareのサーバー仮想化環境(VMware ESXi 6.5/6.7/7.0)で動作し、サーバー仮想化環境のシシテム監視に利用できる。

 仮想アプライアンスの新版「V5.0」では、システム監視ソフトの現行版(MIRACLE ZBX 5.0)を搭載した。これにより、MIRACLE ZBX 5.0のベースであるZabbix 5.0の強化点を、仮想アプライアンスでも利用できるようになった(関連記事システム監視ソフト新版「MIRACLE ZBX 5.0」、エージェントをGo言語に刷新)。

 Zabbix 5.0で拡張した機能群の1つが、Go言語で開発した新しいエージェントソフトウェア「Zabbix Agent2」である(関連記事システム監視ソフト新版「Zabbix 4.4」、エージェントの刷新や、Webフック型の障害通知など)。Go言語を利用したプラグインシステムによって、機能を容易に拡張できる。

 Zabbix 5.0では、外部にHTTPリクエストを送信するWebhook通知機能も追加している。従来、Zabbixシステムからのアラート通知は、メールが主だった。Webhook通知によって、RedmineやSlackなどHTTPベースのAPIを備えたチケット管理システムやチャットサービスに、障害通知を送信できる。

 仮想アプライアンスの新版では、このほかに、コマンドラインで仮想アプライアンスの初期設定ができるようになった。

 MIRACLE ZBX Virtual Applianceの価格(税別)は、監視対象台数に応じて決まる。監視対象100台未満で年間インシデント数5件の場合、サポート込みで年額60万円から。別途契約するサポートサービス「MIRACLE ZBX サポートスタンダード」の費用は、1年で120万円から、3年で324万円から、5年で510万円から。

関連キーワード

サイバートラスト / Zabbix / MIRACLE ZBX

関連記事

Special

-PR-

仮想環境向けシステム監視ソフトウェアの新版「MIRACLE ZBX Virtual Appliance V5.0」サイバートラストは2020年9月29日、サーバー仮想化環境に特化したシステム監視製品の新版「MIRACLE ZBX Virtual Appliance V5.0」を発表、同日提供を開始した。仮想アプライアンス型の製品であり、VMware ESXi 6.5/6.7/7.0環境で動作する。ミドルウェア/OSとして、システム監視ソフトウェア「MIRACLE ZBX 5.0」と、Linux OS「MIRACLE LINUX 8 Asianux Inside」を搭載している。

PAGE TOP