[新製品・サービス]

SAPジャパン、SAP HANA Cloud上でASEやIQなどSybase製品のクラウドサービスを提供

2021年4月19日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

SAPジャパンは2021年4月19日、SAP HANA Cloudにおいて旧Sybase製品をクラウドサービスとして提供すると発表した。データベースの「SAP ASE(Adaptive Server Enterprise)」、データベースを複製する「SAP Replication Server」、DWH用途のデータベース「SAP IQ」である。

 「SAP HANA Cloud」は、SAPジャパンのインメモリー型データベース管理システム「SAP HANA」のクラウドサービス版である(関連記事SAPジャパン、SAP HANA Cloudを日本のデータセンターから提供開始)。

 今回、SAP HANA Cloudにおいて、旧Sybase(サイベース)のデータベース製品をクラウドサービスとして提供開始した。大規模環境向けのRDBMS「SAP ASE(Adaptive Server Enterprise)」(画面1)、データベースを複製し可用性を高めるための「SAP Replication Server」、ビジネスインテリジェンス(BI)/データウェアハウス(DWH)用途のRDBMS「SAP IQ」の3製品である。

画面1:SAP ASEの管理インタフェース「AMC(Administration and Management Console)」(出典:SAPジャパン)
拡大画像表示

 ユーザーは、SAP HANAと、これらのデータベース製品群を組み合わせたアプリケーションを、SAP HANA Cloud上で一元的に構築できる。

 SAPジャパンは、金融業界などでSybaseのデータベース関連製品を長年使っているユーザーは、これらをクラウドサービスとして利用を継続できること、クラウドサービス化によって、CPU能力やストレージなどのリソースをより柔軟に調達できるメリットも生まれることをアピールしている。

 SAP HANA Cloudのデプロイ先となるIaaS型クラウドサービスの選択肢も拡充する。2021年度末までに、AWS(Amazon Web Services)、Azure、Google Cloud、AliCloudの4つのIaaSクラウドにデプロイできるようにする。

関連キーワード

SAP HANA Cloud / Sybase / SAP

関連記事

Special

-PR-

SAPジャパン、SAP HANA Cloud上でASEやIQなどSybase製品のクラウドサービスを提供SAPジャパンは2021年4月19日、SAP HANA Cloudにおいて旧Sybase製品をクラウドサービスとして提供すると発表した。データベースの「SAP ASE(Adaptive Server Enterprise)」、データベースを複製する「SAP Replication Server」、DWH用途のデータベース「SAP IQ」である。

PAGE TOP