ワークスタイル ワークスタイル記事一覧へ

[新製品・サービス]

OPSION、仮想オフィス「RISA」をリニューアル、UIを3Dから2Dに変更

2022年1月13日(木)IT Leaders編集部

OPSIONは2022年1月12日、仮想オフィス(バーチャルオフィス)サービス「RISA」をリニューアルして提供開始した。UIをこれまでの3D版から、PCへの負荷が少なく、職務スペースを俯瞰しやすい2D版に変更している。

 OPSIONの「RISA」は、アバターやコミュニケーションツールを活用して、リアルのオフィス空間をオンラインで展開する仮想オフィスサービスである。オンラインの職務スペースを共有し、社員間での雑談や相手の様子の確認などを含めた仮想オフィス/デジタルワークプレイスを実現する。

画面1:仮想オフィス「RISA」を2D版へと刷新し、PCの処理負荷を減らした(出典:OPSION)画面1:2D版としてリニューアルされた仮想オフィス「RISA」の操作画面(出典:OPSION)
拡大画像表示

 今回のリニューアルで、UIをこれまでの3D版から2D版に変更した(画面1関連記事OPSION、仮想ワークプレイス「RISA」にシンプルな2D版を追加)。3D版よりもPCへの負荷が低く、業務での利用がスムーズになった。同社の検証によると、3D版においてCPU使用率23%、メモリー使用量2000MBのケースで、2D版では同6%、400MBに抑えられるという。また、2D版のほうが職務スペースを俯瞰しやすいというメリットもある。

 加えて、オフィスやイベントなど各種の用途への対応として、簡単な会議実施や多人数対応のためのフロア分けや、外部のメンバーを招待するゲストなどの機能が加わった(画面2)。このほか、アバターのモーション表現などを洗練させ、多様な感情表現やコミュニケーションを可能にしている。

画面2:仮想オフィス「RISA」の2D版では、フロアデザインを選べる(出典:OPSION)画面2:フロアデザインを選べるようになった(出典:OPSION)
拡大画像表示

 「今回のリニューアルを皮切りに、メタバースの浸透する社会において人と人がつながり、 協同し、 目標に向かえる空間の提供を通して、"WORK AS PLAY"の実現を目指していく」(同社)

関連キーワード

RISA / OPSION / バーチャルオフィス / デジタルワークプレイス / メタバース

関連記事

Special

-PR-

OPSION、仮想オフィス「RISA」をリニューアル、UIを3Dから2Dに変更OPSIONは2022年1月12日、仮想オフィス(バーチャルオフィス)サービス「RISA」をリニューアルして提供開始した。UIをこれまでの3D版から、PCへの負荷が少なく、職務スペースを俯瞰しやすい2D版に変更している。

PAGE TOP