アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

アクセル、Notes/Dominoを拡張するグループスケジューラに新版、モバイル画面を刷新

2022年2月7日(月)IT Leaders編集部

アクセルは2022年2月4日、スケジューラソフトウェア「OnTime Group Calendar for Domino」の新版(Ver.8.1)を提供開始した。グループウェア「HCL Notes/Domino」および「HCL Verse」と連携して動作するスケジューラである。新版では、モバイルWeb画面のデザインを刷新した。

 OnTime Group Calendarは、日本企業の業務要件(複数メンバーの予定表示、会議招集、施設予約など)をカバーするグループスケジュール管理ソフトウェアである。Microsoft 365やHCL Notes/Dominoなどのグループウェアで管理しているスケジュールデータを利用して、空き時間や予定をグラフィカルに表示する。

 連携対象のグループウェアに応じて、Microsoft 365/Exchange Server向けの「OnTime Group Calendar for Microsoft」(関連記事1)と、HCL Notes/DominoおよびHCL Verse環境向けの「OnTime Group Calendar for Domino」(関連記事2)がある。

 今回、HCL Notes/DominoおよびHCL Verse環境向けのOnTime Group Calendar for Dominoをバージョンアップした。新版では、モバイルWeb画面のデザインを刷新した。まず、従来のメインビューを「ホーム」とし、新たに「日程調整」、「申請」、「検索」ビューを用意した(画面1)。これら4つの画面を切り替えられるようにした。いずれのビューも、左右どちらの親指からも操作しやすい配置にした。

画面1:新バージョンで刷新したモバイル画面。従来のメインビューを「ホーム」とし、新たに「日程調整」、「申請」、「検索」ビューを用意した(出典:アクセル)画面1:新バージョンで刷新したモバイル画面。従来のメインビューを「ホーム」とし、新たに「日程調整」、「申請」、「検索」ビューを用意した(出典:アクセル)
拡大画像表示

 実行可能アクションを、フッターに集約した。フッターの「+」ボタンを押すと、状況に応じて「実行できるアクション」をポップアップする。例えば、ホームビューの場合、自分の予定や共有席の作成などのメニューを表示する。この一方で、複数名を選択した状態だと、会議、日程調整、メールなどを表示する。

 日付の選択は、従来のOS標準のスライダーから月カレンダーへと変更した。時間の選択は、グラフィカルなドラッグ操作に変更した。これらの工夫によって、重複する予定の状況を把握したうえでスケジュールを判断できるようになった。従来は、スケジュールが重複している場合に、どのような予定で重複しているのかを判断できなかった。

 これまでモバイル画面では実装していなかったいくつかの機能も、新たにモバイル画面からでも使えるようにした。例えば、日程調整のオプション機能を使えるようにした。モバイル画面内でグラフィカルに空き時間を検索して日時候補を指定する。回答も、自分の予定をオーバーレイして確認しながらできる。日程調整に関するチャットもモバイル画面で行える。

 フリーアドレス席を予約する機能もモバイルから行えるようにした。日時とともにビルなどで場所の絞り込みを行って検索し、共有席を予約する。予約しようとしている共有席の情報として複数の画像を登録しておけるので、配置や実際の写真などを確認しながら予約できる。

 モバイル画面ではさらに、申請承認機能も実装した。リモートワーク、出張、休暇などの理由でオフィスを不在にする際に、メンバーに事前に通知し、簡易承認ができる。また、検索機能も強化した。ホームビューからダイレクトに検索ビューに移動してメンバーを検索し、そのまま電話をかけたりメールを送信できるようになった。

関連キーワード

アクセル / OnTime Group Calendar for Domino / スケジューラ

関連記事

Special

-PR-

アクセル、Notes/Dominoを拡張するグループスケジューラに新版、モバイル画面を刷新アクセルは2022年2月4日、スケジューラソフトウェア「OnTime Group Calendar for Domino」の新版(Ver.8.1)を提供開始した。グループウェア「HCL Notes/Domino」および「HCL Verse」と連携して動作するスケジューラである。新版では、モバイルWeb画面のデザインを刷新した。

PAGE TOP