[新製品・サービス]

CTC、ハイブリッドクラウド支援「OneCUVIC」をグローバルで提供、IBM Cloudを利用

2022年11月30日(水)IT Leaders編集部

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2022年11月29日、ハイブリッドクラウド支援サービス「OneCUVIC」のグローバル提供を開始すると発表した。まずは、事業をグローバルに展開している国内企業の海外拠点などに向けて提供する。グローバルで提供する際のクラウド環境としてIBM Cloudを利用する。OneCUVICの販売目標は3年間で650億円。

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)の「OneCUVIC」は、ハイブリッドクラウド支援サービスである。企業のハイブリッドクラウド環境に対して、特定の製品やサービスに制限されないシステム基盤を提供するとしている(関連記事CTC、マネージドクラウド「OneCUVIC」のサービスメニューに、IBM CloudやOpenShiftなどを追加)。

 OneCUVICでは、オンプレミスや複数のクラウドの稼働状況を一元管理してシステムの安定稼働や投資判断などにつなげられるように支援するマネージドサービス「CTC-OHCC」も利用可能である(関連記事マネージド型でハイブリッドクラウド環境の全体最適化を支援する「CTC-OHCC」)。

 今回、OneCUVICをグローバルでも提供すると発表した。まずは、事業をグローバルに展開している国内企業の海外拠点などに向けて提供する。グローバルで提供する際のクラウド環境としてIBM Cloudを利用する。グローバルで利用しているミッションクリティカルなシステムをクラウドに移行可能だとしている。

 IBM Cloudを提供する日本IBMは、OneCUVICにコンテナ基盤の「Red Hat OpenShift」などを組み込むことを検討している。今後は、OneCUVICのサービスメニュー拡充に向けて、「IBM Power Virtual Server」などを利用可能にするほか、ITリソース管理・自動化の「IBM Turbonomic」の活用、投資の適正化を図るFinOpsなどの提供も検討する(関連記事FinOpsとは何か─パブリッククラウドの投資効果を最大化する取り組み)。

 「企業におけるクラウドの普及に伴い、複数のクラウドサービスが混在するハイブリッドクラウド環境の利用が進んでいる。クラウドやツールが混在するカオスな運用状況を解消するには、海外を含めたシステム全体で一貫性のある運用やセキュリティガバナンスの維持が求められている」(CTC)

関連キーワード

CTC / OneCUVIC / ハイブリッドクラウド / IBM Cloud / マネージドサービス / クラウド移行 / IBM / FinOps / Red Hat / OpenShift / コンテナ

関連記事

トピックス

[Sponsored]

CTC、ハイブリッドクラウド支援「OneCUVIC」をグローバルで提供、IBM Cloudを利用伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2022年11月29日、ハイブリッドクラウド支援サービス「OneCUVIC」のグローバル提供を開始すると発表した。まずは、事業をグローバルに展開している国内企業の海外拠点などに向けて提供する。グローバルで提供する際のクラウド環境としてIBM Cloudを利用する。OneCUVICの販売目標は3年間で650億円。

PAGE TOP