システム構築/プロジェクトマネジメント システム構築/プロジェクトマネジメント記事一覧へ

[事例ニュース]

森永乳業、ECサイトの信頼性と性能を向上させるためシステム性能監視ツールを導入

2020年7月22日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

森永乳業は、BtoCの電子商取引サイト「宅配ミルク」など、同社が運営するWebサイトに、システム性能監視ソフトウェアを導入した。システム性能監視ソフトウェアの「New Relic」を提供したNew Relicが2020年7月21日に発表した。

 森永乳業は現在、50以上のWebサイトやWebサービスを運営している。ITインフラについては、デジタル施策を素早く実現できるように、多くのWebサービスをAWS(Amazon Web Services)へと移行済み。一方、利用顧客の拡大や顧客接点の拡大が進んでいる中で、Webサービスの信頼性や性能の改善を行う必要に迫られていた。

 森永乳業ではまず、「宅配ミルク」(BtoCの電子商取引サイト)のシステム性能管理にあたって、システム性能監視ソフトウェアのNew Relicを導入した。導入効果として、短時間でトラブルを解決できるようになった。ログ調査ベースの障害対応と比べて90%以上の工数を削減できると見込んでいる。

 システム性能監視ソフトウェアの導入は、システム開発・運用の内製化の流れの一環である。森永乳業のIT部門では、「これまでは、事業部門から新規商品のWebサイト構築や販促企画があっても、外部へ依頼していたため、企画のカットオーバーに時間がかかっていた。システム構築や運用を内製化したことで、短期間で実現できる見通しが立った」としている。

関連キーワード

森永乳業 / New Relic

関連記事

Special

-PR-

森永乳業、ECサイトの信頼性と性能を向上させるためシステム性能監視ツールを導入森永乳業は、BtoCの電子商取引サイト「宅配ミルク」など、同社が運営するWebサイトに、システム性能監視ソフトウェアを導入した。システム性能監視ソフトウェアの「New Relic」を提供したNew Relicが2020年7月21日に発表した。

PAGE TOP